自動車保険の種類

自動車保険には、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類の保険があります。 法律上義務付けられている自賠責保険に対し、任意で加入する自動車保険が任意保険です。

自賠責保険と任意保険の違い

ここでは、自賠責保険と任意の自動車保険の違いを紹介します。

1.自賠責保険って??

自賠責保険とは、正式名称は自動車損害賠償責任保険といい、 事故の被害にあった被害者の損害賠償金を補償するため、国が加入を義務化している自動車保険です。 法律上加入が義務化されているため、強制保険と言われる場合もあります。

※自賠責保険に加入をしないまま自動車の運転をすると、無保険運転となり、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金を科せられるほか、道路交通法上の違反点数6点が加算され、運転免許の停止・取消処分になります。

● なぜ自賠責保険は義務化されているのでしょう??

もし、あなたやあなたの家族が自動車の事故にあって亡くなってしまったり、大きな怪我を負ってしまった時、もし加害者に損害賠償金を支払い能力がない場合、 いくら支払い義務が生じて、加害者に損害賠償金の支払いを要求しても、 お金が無ければ支払うことは出来ません。 そうなると、被害者自身が多額の治療費や入院費の支払いをしなければならず、 被害者が経済的な破綻を招いてしまうことになってしまうでしょう。 そうならないよう、最低限度の補償ができるように生まれたのが自賠責保険です。

2.任意保険って?

任意保険とは自動車事故から自分や自分の家族を守るため、任意で加入する保険です。
法律上義務化されている自賠責保険では、自動車などの事故で自分自身が負ったケガや、車庫にぶつけるなどの自損事故で自分の車が壊れてしまった場合など自分への補償はありません。
また、自賠責保険では、傷害による損害は最高120万円、後遺障害による損害は最高4,000万円までといった限度額が設定されており、それを超えた場合については自賠責保険でカバーすることは出来ず、実費での清算となってしまいます。
その為、大きな事故になればなるほど、被害者はもちろん、加害者への負担も大きくなっていきます。 尚、被害者への補償は自賠責保険である程度は補償することが出来ますが、過去の判例をみると、交通事故で被害者が死亡してしまったり、後遺障害を負った場合、自賠責保険の限度額をはるかに超える高額な損害賠償金を請求されることもあります。
また、交通事故により加害者が大怪我をした場合、被害者へ支払う損害賠償金以上の治療費が必要な場合もありますが、自賠責保険では補償されないため、全て実費にて支払いをしなければならなくなります。
それを補償するものが任意保険です。 自賠責保険は本当に最低限必要な補償だと考え、自賠責保険でカバーすることの出来ない金額や、もともと補償されない自損事故に備えるために、任意保険を活用しましょう。

● 任意保険の補償内容

対人賠償保険
自動車の事故を起こしてしまった際、被害者の治療費等を補償をする保険です。 自賠責保険の補償額の足りない部分を上乗せで補償します。
対物賠償保険
対人賠償保険の「人」の部分が「物」に置き換わった保険です。 対人賠償同様に基本的に「自分ではなく被害者を賠償する」ための保険です。
車両保険
自分の自動車の修理費等を補償する保険です。
搭乗者傷害保険
ドライバーを含めた自動車に乗っていた方が自動車事故により怪我や死亡した際の補償をするものです。
人身傷害補償保険
自分に過失がある自動車の事故で自分自身がケガをした場合や、相手がきちんと保険に入っておらず自分の治療費などが相手に支払ってもらえない場合に補償される保険です。

3.まとめ

自賠責保険(強制保険) 任意保険(任意加入)
自動車の購入(車検時)の際に加入が義務付けられている保険です。 最低限度の保証が出来るために生まれた保険の為、 対人賠償が最大で4,000万円(*)までなど、非常に限られた補償範囲となっています。 自賠責保険ではカバーできない部分を補償。対人賠償や対物賠償などは約70%の自動車が加入しています。

※死亡の場合で3,000万まで、後遺障害で最高4,000万円

ご利用は無料。今すぐお見積もりを!!

▼あなたの車のメーカーは?  ヘルプ

※保険証券・免許証をご用意ください。
現在加入していない方は保険証券の替わりに車検証をご用意ください。
お手元にない場合はこちら

Powered by 保険スクエアbang!